<うそ>を見抜く心理学 : 「供述の世界」から

浜田寿美男 著

刑事事件で被疑者や証人から取られる供述調書。そこには時として、無実の人の虚偽自白や証人の記憶の錯誤など様々な「うそ」が忍び込み、冤罪事件を生みだしていく。これら「自分に不利なうそ」「無意識のうそ」をなぜ見抜けないのか?狭山事件、袴田事件、戦後最大の毒殺事件といわれる帝銀事件などの、供述調書の真偽を鑑定してきた心理学者が、調書上の「うその物語」が本当らしく見える理由を探りながら、従来の心理学の盲点だった、私たちが過去と向き合う際に陥りがちな錯誤を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「供述の世界」に挑む心理学
  • 第1章 人はなぜ、うその物語にだまされるのか-『藪の中』の供述分析
  • 第2章 うその物語ができあがる過程-狭山事件の真相
  • 第3章 うその物語を見抜く五つの指標
  • 第4章 悲しいうそ-一家四人惨殺事件の供述調書から
  • 終章 人は対話的空間を生きる-「供述の世界」から一般心理学に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <うそ>を見抜く心理学 : 「供述の世界」から
著作者等 浜田 寿美男
書名ヨミ ウソ オ ミヌク シンリガク : キョウジュツ ノ セカイ カラ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.3
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 4140019379
NCID BA56181173
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想