医療・保健スタッフのための健康行動理論の基礎 : 生活習慣病を中心に

松本千明 著

本書は、医療と保健の現場で働く方々が健康行動理論を理解し、(1)対象者の健康に関する行動の変容と維持に関して、筋道を通して考えることができるようになるということ。(2)対象者の健康に関する行動の変容と維持に関して、スタッフ間で共通の"言葉"でディスカッションができるようになるということ。(3)健康行動理論とその尺度を用いることによって、対象者の現在の状況が把握でき、介入計画の立案や実行とその評価が可能になるということ。の3点が実現されることを願って書かれた。理論をできるだけ分かりやすく説明することを心がけ、症例を提示することで現場への応用法も具体的に示している。また、研究の実例も豊富に示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 健康信念モデル(ヘルス・ビリーフ・モデル)
  • 第2章 自己効力感(セルフ・エフィカシー)
  • 第3章 変化のステージモデル
  • 第4章 計画的行動理論
  • 第5章 ストレスとコーピング
  • 第6章 ソーシャルサポート(社会的支援)
  • 第7章 コントロール所在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療・保健スタッフのための健康行動理論の基礎 : 生活習慣病を中心に
著作者等 松本 千明
書名ヨミ イリョウ ホケン スタッフ ノ タメノ ケンコウ コウドウ リロン ノ キソ : セイカツ シュウカンビョウ オ チュウシン ニ
出版元 医歯薬
刊行年月 2002.2
ページ数 100p
大きさ 26cm
ISBN 4263233379
NCID BA56180261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20248146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想