植物はなぜ5000年も生きるのか : 寿命からみた動物と植物のちがい

鈴木英治 著

200歳の人間はいないのに、200歳の屋久杉はまだまだ子供。どちらも細胞からできているのに、動物と植物のこのちがいは、なぜなのだろうか。なぜ生物には寿命があるのだろうか。生物の「生」の不思議を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生物は何歳まで生きられるのか
  • 第2章 地球型生命の誕生
  • 第3章 動物の体、植物の体
  • 第4章 老化する細胞、老化しない細胞
  • 第5章 動物の老化と寿命
  • 第6章 植物の寿命
  • 第7章 植物はどこまで大きくなれるのか
  • 第8章 過去の生物-寿命の進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植物はなぜ5000年も生きるのか : 寿命からみた動物と植物のちがい
著作者等 鈴木 英治
書名ヨミ ショクブツ ワ ナゼ 5000ネン モ イキルノカ : ジュミョウ カラ ミタ ドウブツ ト ショクブツ ノ チガイ
書名別名 Shokubutsu wa naze 5000nen mo ikirunoka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2002.3
ページ数 229, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4062573652
NCID BA56178394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20259403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想