国際化する日本社会

梶田孝道, 宮島喬 編

労働、都市、地域、政治-「外国人問題」の現実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本社会の変容と外国人の生活世界
  • 1 日本の外国人労働者政策-政策意図と現実の乖離という視点から
  • 2 外国人労働市場の分岐の論理-エスニックな分水嶺の発生メカニズム
  • 3 日本の企業と外国人労働者・研修生
  • 4 世界都市からグローバルシティへ-「世界都市」東京の二〇年
  • 5 グローバルシティの下層マイノリティ-間隙を縫う
  • 6 地域社会の変容とエスニシティ-外国人集住都市・浜松の事例
  • 7 日本の国際化とインドシナ難民-ベトナム系住民の視点を中心に
  • 8 外国人の政治参加-外国人参政権・外国人会議・社会運動をめぐる行為戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化する日本社会
著作者等 上林 千恵子
丹野 清人
宮島 喬
川上 郁雄
梶田 孝道
樋口 直人
池上 重弘
町村 敬志
西沢 晃彦
書名ヨミ コクサイカスル ニホン シャカイ
シリーズ名 国際社会 1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.3
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 4130341510
NCID BA56172911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想