イギリス近代史を彩る人びと

松浦高嶺 著

本書は専門外の読者を対象に想定しながら可能な限り専門書の学術水準を維持し、そうすることによって歴史学の理論と方法を専門外の読者に具体的に知ってもらおうと意図して書かれた16‐20世紀イギリス近代史概説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヘンリ8世とトマス・モア-政治権力と哲学精神の歩み寄りから破局まで
  • 2 エリザベス1世とメアリ・ステュアート-スコットランド女王はなぜイングランド女王によって処刑されたか
  • 3 14歳の乙女ジュリエットとロミオの結婚の悲劇-シェークスピアの時代の若者は本当に早婚だったのか
  • 4 チャールズ1世を処刑した大動乱はなんと呼ぶべきか-「国王殺し」の妻ルーシ・ハチンソンの回想録から考える
  • 5 作家・ジャーナリストとしてのスウィフトとデフォーの対比-スウィフトの『ステラへの日記』を史料として活用する
  • 6 マリー・アントワネットと10月の事件-フランス革命に対するバークの非難とペインの讃美
  • 7 ヴィクトリア女王とディズレーリ首相-インド女帝の誕生
  • 8 アスキス首相とシルヴィア・パンクハースト-自由主義・フェミニズム・社会主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス近代史を彩る人びと
著作者等 松浦 高嶺
書名ヨミ イギリス キンダイシ オ イロドル ヒトビト
シリーズ名 人間科学叢書 29
出版元 刀水書房
刊行年月 2002.3
ページ数 205, 5p
大きさ 22cm
ISBN 488708269X
NCID BA56158659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想