我々はなぜ道徳的か : ヒュームの洞察

神野慧一郎 著

人為的な正義の徳が、いかにして人間の「自然本性」に即して成立するのか。進化論や大脳生理学などの知見を参照、道徳感情論、事実と価値、道徳理論の類型等を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 問題設定
  • 第1章 方法論的指針
  • 第2章 「自然的」から「道徳的」へ(道徳規範の地位)
  • 第3章 自然的なものと道徳的なことの共存
  • 第4章 進化論と人間本性
  • 第5章 道徳感情論を支持する科学的知見
  • 第6章 道徳感情論の問題
  • 第7章 「よきこと」、「正しきこと」は客観的に定まるか
  • 第8章 道徳感情論の位置づけ
  • 第9章 エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 我々はなぜ道徳的か : ヒュームの洞察
著作者等 神野 慧一郎
書名ヨミ ワレワレ ワ ナゼ ドウトクテキ カ : ヒューム ノ ドウサツ
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.3
ページ数 234, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4326153601
NCID BA56154465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20256856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想