外来語とは何か : 新語の由来・外来語の役割

田中建彦 著

本書は、日常あまり外来語と意識されない単語にも目を向け、包括的に外来語全体を眺めることによって、外来語とは何か、ということをあらためて考えたものである。日本語における外来語だけでなく、英語における外来語、中国語・フランス語・ドイツ語における外来語の問題も合わせて考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新語の形成
  • 第2章 外国語から外来語へ
  • 第3章 英語の中の外来語
  • 第4章 日本語の中の外来語
  • 第5章 外来語になった日本語
  • 第6章 外来語になった英語
  • 第7章 本来語の音韻・文法・文体への外来語の影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外来語とは何か : 新語の由来・外来語の役割
著作者等 田中 建彦
書名ヨミ ガイライゴ トワ ナニカ : シンゴ ノ ユライ ガイライゴ ノ ヤクワリ
出版元 鳥影社
刊行年月 2002.3
ページ数 405p
大きさ 21cm
ISBN 4886296440
NCID BA56152980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想