ハリーと千尋世代の子どもたち

山中康裕 著

子どもたちの「生きる力」は本当に弱くなっているのか!?ユング心理学の理論家であり、臨床医でもある著者が、二十一世紀の冒頭に大ヒットを記録した二つの映画、『ハリー・ポッターと賢者の石』と『千と千尋の神隠し』をモチーフに、今を生きる子どもたちの心の深層と、子どもたちの置かれる環境を読み読く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもの心を読み解く前思春期論(前思春期とは?
  • ハリーや千尋世代に出会ったきっかけ
  • はたしてどちらが幸せか? ほか)
  • 第2章 千と千尋とユング心理学(名前を奪われるということ
  • 名前を与えられるということ
  • センとチヒロ ほか)
  • 第3章 ハリー・ポッターと世界のファンタジー(ファンタジーの素地
  • 外にある悪と、内にある悪
  • アニマとアニムス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハリーと千尋世代の子どもたち
著作者等 山中 康裕
書名ヨミ ハリー ト チヒロ セダイ ノ コドモタチ
出版元 朝日出版社
刊行年月 2002.3
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 425500143X
NCID BA56142728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20253619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想