分子生物学入門

美宅成樹 著

生体分子の構造から生命現象を解明してきた分子生物学。その役割は、従来の生物学の理解はもちろん、ゲノムや脳の解明にも欠かせないものとなっている。本書は、情報、機械、エネルギーという生体分子の三つの機能に沿って、生命を解説。複雑な現象をクリアーに浮かび上らせる。"生命"の時代の基礎知識として、身につけておきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生命は分子でできている
  • 2 生命のルール
  • 3 生物らしい分子をつくる
  • 4 タンパク質の姿とはたらき
  • 5 情報はどう流れるか
  • 6 物質変換の流れ
  • 7 ゲノム時代の分子生物学
  • 8 進化の謎にせまる
  • 9 生命とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子生物学入門
著作者等 美宅 成樹
書名ヨミ ブンシ セイブツガク ニュウモン
書名別名 Bunshi seibutsugaku nyumon
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.3
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4004307775
NCID BA56133680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想