戦争の日本近現代史 : 東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで

加藤陽子 著

日本はなぜ太平洋戦争に突入したのか?明治維新以降の「戦争の論理」を解明した画期的近代日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 「戦争」を学ぶ意味は何か
  • 第2講 軍備拡張論はいかにして受け入れられたか
  • 第3講 日本にとって朝鮮半島はなぜ重要だったか
  • 第4講 利益線論はいかにして誕生したか
  • 第5講 なぜ清は「改革を拒絶する国」とされたのか
  • 第6講 なぜロシアは「文明の敵」とされたのか
  • 第7講 第一次世界大戦が日本に与えた真の衝撃とは何か
  • 第8講 なぜ満州事変は起こされたのか
  • 第9講 なぜ日中・太平洋戦争への拡大したのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の日本近現代史 : 東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで
著作者等 加藤 陽子
書名ヨミ センソウ ノ ニホン キンゲンダイシ : トウダイシキ レッスン セイカンロン カラ タイヘイヨウ センソウ マデ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2002.3
ページ数 293p
大きさ 18cm
ISBN 4061495992
NCID BA56132098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20254379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想