日本の森はなぜ危機なのか : 環境と経済の新林業レポート

田中淳夫 著

伐って儲けて、育てて守る-。日本の森を元気にするために今、新たな林業が模索されている。育林、加工、流通の見直しから、都市と山村の新たなネットワークまで、ユニークな森づくりの試みに迫る。森を救うのは、人である!目からウロコの新・林業論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-森林と林家のためにできること
  • 第1部 森林危機の本当の姿(森林危機には二種類ある
  • 木を売らなかった林業 ほか)
  • 第2部 林業を環境産業に変える(間伐しなくても森は育つ
  • 植えなくても木は生える ほか)
  • 第3部 日本が変われば森も変わる(山村ファンをつくるシステム
  • 長期伐採権制度で森林経営を ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の森はなぜ危機なのか : 環境と経済の新林業レポート
著作者等 田中 淳夫
書名ヨミ ニホン ノ モリ ワ ナゼ キキ ナノカ : カンキョウ ト ケイザイ ノ シン リンギョウ レポート
書名別名 Nihon no mori wa naze kiki nanoka
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2002.3
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 4582851339
NCID BA56129956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20263913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想