蝶を育てるアリ : わが昆虫フィールドノート

矢島稔 著

「昆虫園」を開設し、市民に向けた解説やNHKラジオの「子供科学電話相談」などに力を尽してきた元多摩動物公園園長の著者は、一方で、里山の昆虫の野外観察を50年以上積み重ねてきた。本書はそのフィールドワークの成果の中から、とっておきのエピソードを集めたものである。アリの巣で育てられる蝶、泥棒をする蜂、トンボの交尾の意外な仕掛け、タガメの子殺しなど、ここに紹介されている不思議な生態からは、昆虫たちの驚くべき"生きる知恵"がうかがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 そもそも昆虫とは何か(いったいどのくらいいるものか
  • なぜ大きくなれないか
  • 翅をもつようになった秘密
  • 危ない橋を渡る「食」の戦略
  • 生き残る確率と寿命)
  • 第2部 わが半世紀のフィールドノート(蝶を育てるアリ
  • 冬を生き抜く翅のない蛾
  • 狩り蜂は二度敵をだます-蜂やアリの高等戦術
  • カマキリの雌は雄を喰わない!?
  • 優雅なトンボにひそむエゴ
  • タガメの子殺し
  • ホタルはなぜ光るのか
  • カンタンの音に聴きほれる
  • カムフラージュするってほんとうか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蝶を育てるアリ : わが昆虫フィールドノート
著作者等 矢島 稔
書名ヨミ チョウ オ ソダテル アリ : ワガ コンチュウ フィールド ノート
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.3
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 4166602322
NCID BA56120135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20254361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想