明代中国の疑獄事件 : 藍玉の獄と連座の人々

川越泰博 著

洪武帝が発動した疑獄事件を取り上げその背景や政治的意図を詳細に追跡。著名な事件の知られざる内実に迫り、歴史研究の空白を埋めるドキュメンタリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 涼国公藍玉とその死
  • 第2章 『逆臣録』と『藍玉党供状』
  • 第3章 藍玉の獄と詩人王行
  • 第4章 沈万三一族の藍玉の獄
  • 第5章 藍玉の獄とモンゴル人-乃児不花とその周辺
  • 第6章 藍玉の獄に連座した火者たち
  • 第7章 刀鋸の彼方に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明代中国の疑獄事件 : 藍玉の獄と連座の人々
著作者等 川越 泰博
書名ヨミ ミンダイ チュウゴク ノ ギゴク ジケン : ラン ギョク ノ ゴク ト レンザ ノ ヒトビト
出版元 風響社
刊行年月 2002.2
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4894890119
NCID BA5609254X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想