体験から学ぶ心理療法の本質 : 臨床における理論・技・芸術

東山紘久 監修 ; 梶谷健二 ほか編

カウンセリングと「その後」を、クライエント自身が検証する、心理療法研究における視点の転換。真に来談者に寄り添う心理療法をめざすセラピストに捧げる書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 クライエント体験から学ぶもの(「本番カウンセリング」前夜-イメージ技法駆使の時代をこえて
  • 魂を抱く-身売りのテーマと女性の魂
  • 傲慢な沈黙
  • 「存在の不確かさ」から「生きる実感」へ-「揺れ」を支えるもの
  • ドリームワーク「固定骨折」の夢
  • 存在を賭けることと心の深層における繋がり)
  • 第2部 スーパーバイジー体験から学ぶもの(一夜干し
  • 新米カウンセラー「相田ハジメ」のスーパービジョンから
  • スーパービジョンと自己理解-己を知る・ケースを知る
  • 「聴く」ことが身に付くまでに必要だったこと-「偉そうにするなー」と言われ続けて
  • スーパービジョンで学んだ面接技法と心理療法の本質
  • スーパービジョンの意義と学びのプロセス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体験から学ぶ心理療法の本質 : 臨床における理論・技・芸術
著作者等 東山 紘久
梶谷 健二
川原 稔久
西井 克泰
藤田 裕司
書名ヨミ タイケン カラ マナブ シンリ リョウホウ ノ ホンシツ : リンショウ ニ オケル リロン ワザ ゲイジュツ
書名別名 Taiken kara manabu shinri ryoho no honshitsu
出版元 創元社
刊行年月 2002.2
ページ数 289p
大きさ 22cm
ISBN 4422112732
NCID BA56087426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20257044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想