図解リスクのしくみ : 基礎知識から用語の意味、活用法まで

石井至 著

本書は、リスクおよびリスク管理について基礎的な枠組を述べるとともに、金融および他の分野におけるリスクの「視点」を説明した本である。「米軍用規格(MIL)」、「FTA(欠陥の木解析)」、「ALARP原則」、「リスク・スコアリング」、「リスク・マップ」などのリスクに関する基本的な考え方を説明し、適用例として金融機関における「インヘレント・リスク」、「VaR(バリュー・アット・リスク)」の問題点、「銀行資産の債務者区分」の影響をはじめ、「狂牛病」、「不動産証券化」、「個人破産」、「災害対策」はもちろんのこと、英国労働党の倫理的バックボーンの「イートウェル」(「第三の道」で有名な)や「ギデンズのリスク観」にいたるまでを収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リスク総論
  • 第2章 リスク・マネジメントとリスク・アセスメント
  • 第3章 リスク戦略
  • 第4章 金融におけるリスクの考え方
  • 第5章 リスクの開示
  • 第6章 さまざまなリスクの視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解リスクのしくみ : 基礎知識から用語の意味、活用法まで
著作者等 石井 至
書名ヨミ ズカイ リスク ノ シクミ : キソ チシキ カラ ヨウゴ ノ イミ カツヨウホウ マデ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.3
ページ数 153p
大きさ 21cm
ISBN 4492091785
NCID BA56038282
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20265434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想