ポーツマスから消された男 : 朝河貫一の日露戦争論

朝河貫一 著 ; 矢吹晋 著・編訳

日露講和交渉には一青年学徒の日韓中共生平和への情熱が反映していた!いま甦る、歴史の轍に踏みにじられ消された先覚者の理念。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ポーツマス日露講和交渉と朝河貫一
  • 日露戦争論(日露衝突序説-衝突のいくつかの争点
  • 東洋の戦争を導いたいくつかの事件
  • ポーツマス条約論(一九〇五年秋))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポーツマスから消された男 : 朝河貫一の日露戦争論
著作者等 朝河 貫一
矢吹 晋
書名ヨミ ポーツマス カラ ケサレタ オトコ : アサカワ カンイチ ノ ニチロ センソウ ロン
書名別名 Potsumasu kara kesareta otoko
シリーズ名 横浜市立大学叢書 4
出版元 東信堂
刊行年月 2002.2
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 4887134223
NCID BA56026851
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20310988
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想