王朝漢文学表現論考

本間洋一 著

[目次]

  • 序論 王朝漢詩の表現世界-王朝詩と白詩と
  • 第1部 漢詩の表現をめぐって(菊の賦詩歌の成立-菊花詠の小文学史
  • 菅原道真の菊の詩 ほか)
  • 第2部 漢詩集考(『類題古詩』(類聚句題抄)研究覚書
  • 『本朝無題詩』の表現世界)
  • 第3部 類書考(『事類賦』と平安末期邦人編類書
  • 『文鳳抄』の編纂素材について ほか)
  • 第4部 漢詩文と和歌-漢文学表現の享受(王朝和歌の表現と漢詩文について-中古・中世の私家集世界と『和漢朗詠集』
  • 中世私家集の世界と漢文学-その一表現層をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王朝漢文学表現論考
著作者等 本間 洋一
書名ヨミ オウチョウ カンブンガク ヒョウゲン ロンコウ
書名別名 Ocho kanbungaku hyogen ronko
シリーズ名 研究叢書 280
出版元 和泉書院
刊行年月 2002.2
ページ数 408p
大きさ 22cm
ISBN 4757601476
NCID BA56003710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20266540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想