イスラムの時代 : マホメットから世界帝国へ

前嶋信次 著

七世紀前半、預言者ムハンマド(マホメット)は史上初のアラビア全土統一を達成した。それがイスラムの時代の幕開けであった。預言者の死後、アラビア人による大征服が始まり、アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸に跨る空前の大帝国が出現する。マホメットの登場からオスマーン帝国へと至る時代を軸に、アル=クルアーン(コーラン)の民の多彩で波瀾に富んだ歴史をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代アラビア
  • 2 マホメットとイスラム教
  • 3 メディナのカリフたち
  • 4 ウマイヤ家の人々
  • 5 バクダードの黄金時代
  • 6 統一と分裂
  • 7 覇権と異端
  • 8 暴風と怒涛と-十字軍とモンゴル帝国
  • 9 馬蹄とどろく
  • 10 雄峰並び立つ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラムの時代 : マホメットから世界帝国へ
著作者等 前嶋 信次
書名ヨミ イスラム ノ ジダイ : マホメット カラ セカイ テイコク エ
書名別名 Isuramu no jidai
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.3
ページ数 438p
大きさ 15cm
ISBN 4061595369
NCID BA5600087X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想