賢く使え、経済統計

藤和彦 著

QE(経済成長率速報)、失業率、日銀短観-日本経済がいまどうなっているのかを表す数字である。これに基づき、マスコミが、政府が、判断・行動する。だが、この経済統計自体が「制度疲労」を起こしているのだ。そのため、日本経済は「統計不況」の罠に陥る危険がある。自らも経済統計の作成に携わった著者が、敢えて明らかにした統計のカラクリと数字の意味。マスコミ報道を鵜呑みにせず、自分で統計数字を使いこなし、判断するためにはどうしたらいいか知るための好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「統計不況」の罠
  • 第2章 失業率統計のカラクリ
  • 第3章 経済統計で景気を読む
  • 第4章 日本経済の基盤はどうなっているのか
  • 第5章 賢い統計利用者になろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 賢く使え、経済統計
著作者等 藤 和彦
書名ヨミ カシコク ツカエ ケイザイ トウケイ
書名別名 Kashikoku tsukae keizai tokei
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.2
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4334031277
NCID BA55983646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想