アメリカの経済思想 : 建国期から現代まで

田中敏弘 著

建国期の躍動感あふれる初期経済学から最新理論までを包括的に叙述、現代世界に圧倒的な影響を与えるアメリカ経済学の源流とその多様な展開を描く待望の通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 建国初期の経済思想-ハミルトン体制とトマス・ジェファスン
  • 北東部および南部自由主義経済学-J.マクヴィッカーとT.クーパー
  • アメリカ資本主義成立期の経済思想-「アメリカ体制」派経済学の展開
  • アメリカ資本主義の確立と独占段階の経済学(新しい流れと近代経済学の成立・展開
  • 制度派経済学の形成と展開)
  • 「黄金の1920年代」、大恐慌、およびニューディール
  • ニューディール期のアメリカ経済学-破産と革新
  • ケインズ経済学の導入とケインズ派経済学の盛衰
  • 新制度派経済学の展開-C.E.エアーズとJ.K.ガルブレイス
  • 制度主義経済学の新しい流れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの経済思想 : 建国期から現代まで
著作者等 田中 敏弘
書名ヨミ アメリカ ノ ケイザイ シソウ : ケンコクキ カラ ゲンダイ マデ
書名別名 Amerika no keizai shiso
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2002.2
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4815804249
NCID BA55928874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20257018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想