民族音楽学の課題と方法 : 音楽研究の未来をさぐる

水野信男 編

人と音、民族と音楽の豊かな関わり。世界各地で、人は音楽に感動して埋没し、ひととき思索をめぐらして、再び鳴り響く音へともどっていく。そんな音楽への熱い想い入れをいかに記述するか。音のフィールドワーカーたちが模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論編(民族音楽学はいま
  • 民族音楽学の周縁)
  • 2 事例編(フィールドワークの手法
  • 日本の音楽へのまなざし)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族音楽学の課題と方法 : 音楽研究の未来をさぐる
著作者等 三井 徹
中原 ゆかり
井口 淳子
加藤 富美子
吉川 周平
大塚 拝子
大谷 紀美子
徳丸 吉彦
水野 信男
田中 健次
田中 悠美子
田村 史
竜村 あや子
藤田 隆則
書名ヨミ ミンゾク オンガクガク ノ カダイ ト ホウホウ : オンガク ケンキュウ ノ ミライ オ サグル
出版元 世界思想社
刊行年月 2002.2
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 4790709213
NCID BA55928692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20281618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想