ガリレオの弁明

トンマーゾ・カンパネッラ 著 ; 澤井繁男 訳

カンパネッラは、テレジオ、ブルーノらと並ぶ後期ルネサンスの代表的思想家。監禁・幽閉30年に及んだその生涯はまさに波瀾万丈、巨大な百科全書の観を呈するその思想もまた複雑で究めがたい。生気論は機械論と、占星術は天文学と、中世的自然学は近代的物理学といかに調和しうるか。『太陽の都』以外に知られるところの少ない急進的万能人の知的背景と世界観を窺ううえで、さらには「科学革命」の現場からの証言として、本書は逸することのできない一級のドキュメントである。長文解説併載、改訳決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反ガリレオ説
  • 第2章 親ガリレオ説
  • 第3章 第四、第五章の回答へと導く三つの前提条件
  • 第4章 第一章で提示した反ガリレオ説への回答
  • 第5章 第二章の親ガリレオ説で提示された論題をいかに大切に扱うか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオの弁明
著作者等 Campanella, Tommaso
沢井 繁男
Campnella Tommaso
カンパネッラ トンマーゾ
書名ヨミ ガリレオ ノ ベンメイ
書名別名 Apologia di Galileo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.3
ページ数 214p
大きさ 15cm
ISBN 4480086854
NCID BA55923021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想