ドイツ・ラディカリズムの諸潮流 : 革命期の民衆1916~21年

垂水節子 著

第一次世界大戦(1914〜1918年)は史上初の総力戦となり、ドイツの民衆は生活難にあえいだ。とりわけ食糧難は耐え難く、そのため暴動やストライキ、やがて大規模な反戦ストが起こる。敗戦に続く革命の時代に、労働者や兵士はさまざま要求を掲げて行動した。このような大戦・革命期の民衆の運動のなかで、最も激しい形態をとったものを「ラディカリズム」という概念でまとめるのが本書。それにはいくつかのタイプがあるが、本書では「中部ドイツ」の二つの事例を追う。第一は社会主義運動の伝統がある、小公国ブラウンシュヴァイクの首都の反戦運動と革命である。もう一つはザクセン邦南西部フォークトラントで、繊維労働者の大量失業を背景に、マクス・ヘルツという人物に率いられた抗議行動や武装蜂起である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 第一次世界大戦期ドイツの「大衆運動」の性格-研究史の省察
  • 第1章 大戦による社会の変容
  • 第2章 ブラウンシュヴァイクの反戦運動と革命-一九一六〜一九年
  • 第3章 マクス・ヘルツと中部ドイツの民衆-ロビン・フッド的行動者の軌跡一九一九〜二一年
  • 終章 二つのラディカリズムの意味と行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ・ラディカリズムの諸潮流 : 革命期の民衆1916~21年
著作者等 垂水 節子
書名ヨミ ドイツ ラディカリズム ノ ショチョウリュウ : カクメイキ ノ ミンシュウ 1916 21ネン
書名別名 Doitsu radikarizumu no shochoryu
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 53
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2002.2
ページ数 217, 75p
大きさ 22cm
ISBN 4623035956
NCID BA55889207
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20248661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想