アルザス文化史

市村卓彦 著

ドイツか。フランスか。揺れる国境、アイデンティティの危機をいくども経験しながら築いてきた独自の文化・心性とはいかなるものか。統合ヨーロッパのシンボルとして注目されるアルザスの行き方に、国家をこえる試みの可能性をみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 先史時代からローマ帝国支配まで
  • フランク王国のアルザス
  • 東フランク王国から神聖ローマ帝国へ
  • 神聖ローマ帝国シュタウフェン朝
  • 中世後期のアルザス
  • アルザス・ゴシック芸術
  • アルザスの人文主義
  • ストラスブールの宗教改革と農民戦争
  • 一七世紀戦乱の世紀フランスの「アルザス併合」
  • フランス王国下のアルザス
  • フランス革命期のアルザス
  • 総裁政府の成立から第二帝政まで
  • ドイツ帝国のアルザス
  • フランスへの復帰
  • ナチ体制下のアルザス
  • 戦後のアルザス
  • 現代のアルザス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルザス文化史
著作者等 市村 卓彦
書名ヨミ アルザス ブンカシ
書名別名 Aruzasu bunkashi
出版元 人文書院
刊行年月 2002.2
ページ数 488p
大きさ 22cm
ISBN 4409510509
NCID BA55882569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想