津藩

深谷克己 著

藤堂高虎を藩祖に伊賀の上野藩と伊勢の安濃津藩を合わせて誕生した三〇万石の大藩。従来の藩体制研究をふまえつつ「藩世界」の概念を用いて、社会に内在する歴史の汲み上げを図る。津藩を舞台とする最新の近世史入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 藩世界の歴史認識-「里居臣」の憂慮と藩政批判
  • 第1 戦国から偃武へ
  • 第2 藩体制の成立
  • 第3 一七世紀後半の藩政展開
  • 第4 藩世界を支えた人々
  • 第5 社会の変容と改革・一揆
  • 第6 藩体制の「中興」と津藩の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津藩
著作者等 深谷 克己
日本歴史学会
書名ヨミ ツ ハン
シリーズ名 日本歴史叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.3
版表示 新装版
ページ数 279, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642066608
NCID BA55873546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想