戦前日本における民主化の挫折 : 民主化途上体制崩壊の分析

竹中治堅 著

[目次]

  • 序章 本書の目的と民主化途上体制
  • 第1章 民主化途上体制崩壊を分析する仮説
  • 第2章 民主化途上体制による統治-一九一八年〜一九三二年
  • 第3章 体制変動論に基づく分析
  • 第4章 明治憲法下の政治制度
  • 第5章 民主化途上体制 一九一八年〜一九二六年-政党内閣の優位
  • 第6章 民主化途上体制 一九二六年〜一九二九年-軍部の挑戦の開始
  • 第7章 民主化途上体制 一九二九年〜一九三二年-危機と体制の崩壊
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦前日本における民主化の挫折 : 民主化途上体制崩壊の分析
著作者等 竹中 治堅
書名ヨミ センゼン ニホン ニ オケル ミンシュカ ノ ザセツ : ミンシュカ トジョウ タイセイ ホウカイ ノ ブンセキ
書名別名 Senzen nihon ni okeru minshuka no zasetsu
出版元 木鐸社
刊行年月 2002.2
ページ数 271, 29p
大きさ 22cm
ISBN 4833223163
NCID BA5586777X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20250088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想