統一ドイツの外国人問題 : 外来民問題の文脈で

近藤潤三 著

40年以上に及んだ分裂に終止符が打たれ、ドイツがようやく統一したのは、今から10年少し前のことである。本書はその統一ドイツが抱える主要問題の一つである外国人問題を歴史的背景に重点を置きつつ検討したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツにおける外国人・外来民問題の歴史的展開-一つの素描
  • 第2章 ドイツ統一前後の外国人の生活実態-職業と所得を中心に
  • 第3章 世紀転換点のドイツにおける外国人の生活実態-第2章への補論
  • 第4章 ベルリンのトルコ人青少年の生活状況と意識-ベルリン市外国人問題特別代表部の調査から
  • 第5章 統一ドイツにおける庇護申請者・難民問題の動向と実態
  • 第6章 ドイツにおけるアオスジードラー問題の系譜と現状-ロシア・ドイツ人を例にして
  • 第7章 戦後ドイツ史の中のユーバージードラー-ドイツ民主共和国(DDR)崩壊との関連で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統一ドイツの外国人問題 : 外来民問題の文脈で
著作者等 近藤 潤三
書名ヨミ トウイツ ドイツ ノ ガイコクジン モンダイ : ガイライミン モンダイ ノ ブンミャク デ
書名別名 Toitsu doitsu no gaikokujin mondai
出版元 木鐸社
刊行年月 2002.2
ページ数 494p
大きさ 22cm
ISBN 4833223171
NCID BA55863994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想