株価指数入門 : 正しい理解と利用のために

宮川公男, 花枝英樹 編著

2000年4月に実行された日経平均の30銘柄入れ替えは、慎重な考慮とタイミングを伴ったものではなかったがゆえに、日経平均の株価指数としての連続性は失われることとなった。本書では、銘柄入れ替えが引き起こした問題を明らかにするとともに、日経平均、TOPIX(東証株価指数)、ニューヨーク・ダウ平均(DJIA)など代表的な株価指数を例として基本理論を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 注目を集める株価指数
  • 第1章 ダウ式平均株価:その性質と問題点
  • 第2章 日経平均の銘柄入れ替え:2000年4月
  • 第3章 時価総額方式指数:その特徴と問題点
  • 第4章 株価指数の基礎
  • 第5章 株価指数の役割の多様化と対応
  • 第6章 日経平均株価銘柄入れ替えの実証分析
  • 終章 よりより株価指数のために
  • 付録 世界の株価指数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株価指数入門 : 正しい理解と利用のために
著作者等 宮川 公男
花枝 英樹
書名ヨミ カブカ シスウ ニュウモン : タダシイ リカイ ト リヨウ ノ タメ ニ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.3
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 4492711538
NCID BA55855103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20253374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想