文楽の女たち

大谷晃一 著

個性的な女主人公が登場する十二の文楽をとりあげ、物語をたどり、見所や背景を解説します。現在では名場面のみの上演が多くなってしまいましたが、全体を読むと、人物の性格の奥深さや、複雑な設定が改めて見えてきます。身分やお金や義理に縛られ、自由に生きることができなかった女たちの、時代を越えて涙をさそう命がけの恋の話を、大阪ことばを混じえた著者独特の語り口でお楽しみ下さい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『曽根崎心中』のお初
  • 『五十年忌歌念仏』のお夏
  • 『心中重井筒』のお辰
  • 『冥土の飛脚』の梅川
  • 『八百屋お七恋緋桜』のお七
  • 『大経師昔暦』のおさん
  • 『心中天の網島』のおさん
  • 『仮名手本忠臣蔵』のお軽
  • 『艶容女舞衣』のお園
  • 『新版歌祭文』のお光
  • 『壷坂観音霊験記』のお里
  • 『夫婦善哉』の蝶子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文楽の女たち
著作者等 大谷 晃一
書名ヨミ ブンラク ノ オンナタチ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.2
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4166602284
NCID BA55851124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20245682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想