アフガン25年戦争

遠藤義雄 編著

かつて文明の十字路といわれた美しい国が、なぜイスラム原理主義が勢力をふるう、国際テロリストの拠点となったのか。複雑な民族間の紛争、周辺国の思惑など、悲劇のアフガニスタン現代史を検証し、新たな秩序と平和を展望する。グレートゲームに翻弄された、アフガン四半世紀の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アフガニスタンの土地と人びと
  • 第2章 ソ連侵攻とアフガン・ゲリラの台頭
  • 第3章 イスラム原理主義とタリバン支配
  • 第4章 国際テロリストとアフガニスタン
  • 第5章 九・一一事件と周辺国の思惑
  • 第6章 アフガニスタンの新たな秩序

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフガン25年戦争
著作者等 遠藤 義雄
書名ヨミ アフガン 25ネン センソウ
書名別名 Afugan 25nen senso
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2002.2
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4582851274
NCID BA55845824
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20254353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想