人を覗にいく

佐野眞一 著

つげ義春、古沢岩美、北杜夫ら異色の作家や文化人たち。また、価格破壊のディスカウントショップ、ゴミ処理、老人ホーム、出版界など実業の世界を、強烈な個性でノシ歩く人々。世紀末から新世紀にかけて、人生の賞味期限をギリギリまで究めるこれらの偉人、怪人22人を、実力派のノンフィクション作家が軽快なフットワークで捉らえた人物ルポの傑作集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 不安と休筆と貧困と-つげ義春(漫画家)
  • キャンバスは戦争とエロスの匂い-古沢岩美(画家)
  • 父、茂吉を赤裸々に書く-北杜夫(作家)
  • 「軽妙洒脱」に反骨の爆薬をしこんで-出久根達郎(作家・古書店主)
  • 古本「巌窟王」の過剰なる人生-谷口雅男(「ふるほん文庫やさん」)
  • 出版界最後の怪物-斎藤十一(新潮社顧問)
  • 「閣下」魂の炸裂-松原治(紀伊国屋書店会長兼社長)
  • 悲しき性の突撃兵-村西とおる(AV監督)
  • 狂気のフィルム行商人-渡辺文樹(映画監督)
  • 地獄極楽陽炎座-荒戸源次郎(映画プロデューサー)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を覗にいく
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ ヒト オ ミニイク
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.2
ページ数 357p
大きさ 15cm
ISBN 4480037071
NCID BA55836572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想