女性からみた中世社会と法

黒田弘子 著

本書では、意識的に中世史研究と交流することをめざし、「女の視座」から逃散の本質や村、そして中世社会というものをとらえなおしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女性史と歴史学-序にかえて
  • 第1部 中世法を読む(御成敗式目四二条の解釈
  • 御成敗式目四二条論・その後
  • 「逃毀」再考-妻子と跡と家の継承)
  • 第2部 村と女性(中世前期の村落祭祀と女性
  • 中世後期の村の女たち
  • 村を守る
  • 千代鶴姫伝承-家と村の歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性からみた中世社会と法
著作者等 黒田 弘子
書名ヨミ ジョセイ カラ ミタ チュウセイ シャカイ ト ホウ
シリーズ名 御成敗式目
歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2002.3
ページ数 414p
大きさ 22cm
ISBN 4751732803
NCID BA55820222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20269337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想