東アジアの文化交流史

池田温 著

古代から近世に至る日本と東アジアの関係を、外交・大陸文化摂取・文化交流の視点から探る。東洋学から見た『魏志』倭人伝、中国史書の影響を受けた『続日本紀』などを論究、中国・韓国学界との相互理解の進展をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東アジア古代の外交(東洋学からみた『魏志』倭人伝
  • 義煕九年倭国献方物をめぐって
  • 裴世清と高表仁-隋唐と倭の交渉の一面 ほか)
  • 第2部 古代日本の大陸文化摂取(天長節管見
  • 中国の史書と『続日本紀』
  • 『貞観政要』の日本流伝とその影響 ほか)
  • 第3部 中近世東アジアの文化交流(前近代東亜における紙の国際流通
  • 麗宋通交の一面-進奉・下賜品をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの文化交流史
著作者等 池田 温
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ブンカ コウリュウシ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.3
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 4642081445
NCID BA55792080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20248318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想