日本人固有の組織観

田中政彦 [著]

バブルの後始末もできず改革にも抵抗するムラ社会組織を斬る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 執筆の動機
  • 日本型水田稲作ムラ社会
  • 組織と「偏差値ヒエラルキー」
  • 組織の密室化加速の定理
  • 相互扶助と相互関心の定理
  • 自己完結指向の定理
  • 自己浄化機能不全の定理
  • 異能・異端・突出排除の定理
  • 日本語の変幻自在の言霊の定理
  • 日本人固有の組織観についての検証
  • 日本人固有の組織観と無党派層
  • 日本人固有の組織観と日本共産党-ケーススタディ
  • 日本人固有の組織観と教育改革
  • 日本人固有の組織観と行政改革
  • これからの日本人の組織観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人固有の組織観
著作者等 田中 政彦
書名ヨミ ニホンジン コユウ ノ ソシキカン : ヘンサチ ヒエラルキー ト ムラ シャカイ ノ ビョウリ
書名別名 偏差値ヒエラルキーとムラ社会の病理

Nihonjin koyu no soshikikan
出版元 丸善プラネット
刊行年月 2002
ページ数 153p
大きさ 19cm
ISBN 4944024967
NCID BA55787852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20366162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想