論破できるか!子どもの珍説・奇説 : 親子の対話を通してはぐくむ科学的な考え方

松森靖夫 編著

「カラスやスズメは死なないんだよ。だって、死んでるのを見たことないもん」-子どもの奇想天外な発想を幼稚で非科学的なものと片づけずに、あえて回り道をしながら一緒に考えてみると、ふだん見過ごしがちな奥深い自然の原理が見えてくる。大人の側も、日頃いかに科学的事象をあやふやに捉えているかを実感するだろう。本書では、あえて回り道をしながら自然科学の本質を親子で考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 思わずうなずく子どもならではの珍説・奇説-"絶対違う"理由を科学的に説明できますか?
  • 第2章 子どもも大人も信じている珍説・奇説-一体、どこが違うのかを考える!
  • 第3章 大人だって子どものころに信じていた珍説・奇説-小さいころ、パパもママもそう思っていました?
  • 第4章 学校の勉強を通して育まれる子どもの珍説・奇説-大人も知らなかった教科書のウソ・ホント?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論破できるか!子どもの珍説・奇説 : 親子の対話を通してはぐくむ科学的な考え方
著作者等 松森 靖夫
書名ヨミ ロンパデキルカ コドモ ノ チンセツ キセツ : オヤコ ノ タイワ オ トオシテ ハグクム カガクテキナ カンガエカタ
書名別名 Ronpadekiruka kodomo no chinsetsu kisetsu
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2002.2
ページ数 201, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062573628
NCID BA55770587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20247883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想