集団的自衛権と日本国憲法

浅井基文 著

2001年9月11日の米国同時多発テロ事件は、世界に衝撃を与えた。NATOは1949年発足以来初めて集団的自衛権の発動を決めた。日本政府はテロ対策特別措置法を成立させた。ここで改めて問われたのが「集団的自衛権」であり、「憲法との抵触」である。著者は、集団的自衛権の本質は「他衛」であり、自衛ではないと断言する。本書では国連憲章の規定する集団的自衛権について、歴史を踏まえ検証する。さらに、日本国憲法にこめられた平和の思想、戦後の日米関係を考察する。新しい国際の平和と安全、日本の役割に関わる、正確な認識をもつために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜいま集団的自衛権なのか-アメリカの軍事戦略と日米軍事関係
  • 第2章 自衛権の歴史-集団的自衛権という考え方はどのようにして生まれたのか
  • 第3章 国連と戦争-国連は国際の平和と安全を維持できるか
  • 第4章 憲法と日米安全保障体制の歴史-保守政治はいかに憲法をゆがめてきたか
  • 第5章 詭弁を弄するだけの日本の安全保障論議-保守政治はいかに日本を誤らせているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集団的自衛権と日本国憲法
著作者等 浅井 基文
書名ヨミ シュウダンテキ ジエイケン ト ニホンコク ケンポウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.2
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4087201287
NCID BA55759482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20314014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想