リビング・ウィルと尊厳死

福本博文 著

人生の最期-愛する人にも自分にも、確実にやってくるその時を、どう迎えるか。たとえ不意に、剥き出しになってそれが立ち現れるとしても、できるだけ自然に任せて、必要以上に苦しまず、心安らかに逝きたい。科学、医学の発達の結実なのかどうか、生と死の境目で起こることが、より複雑に、より奇怪になっていくようにみえる今日、立ち止まって自分なりに考えてみたい。死んでゆく者として、最後の権利を主張することは可能なのか。自分の最期を自分の手に取り戻すには、どうすればいいのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最期の自己決定権
  • 第2章 安楽死事件の衝撃
  • 第3章 欧米の慈悲殺と死ぬ権利
  • 第4章 日本の安楽死運動
  • 第5章 終末期医療と尊厳死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リビング・ウィルと尊厳死
著作者等 福本 博文
書名ヨミ リビング ウィル ト ソンゲンシ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.2
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4087201317
NCID BA55759223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20314015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想