コーポレート・ガバナンス : 日本企業再生への道

田村達也 著

一九九〇年代に入ってから、大企業の不祥事や倒産が相次いでいる。その大きな原因の一つに、経営者の能力低下と暴走がある。コーポレート・ガバナンスとは、経営陣を常に監視し、時には刷新を促していくためのメカニズムである。日本、アメリカ、ヨーロッパの豊富な事例をもとに、日本経済が再び「失われた一〇年」を繰り返さないために、まず企業再生こそが必要であることを説き、企業統治の具体的な方法を明示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 企業の統治
  • 第2章 米欧でのガバナンス革命
  • 第3章 日本的ガバナンスの時代
  • 第4章 日本的経営の行き詰まり
  • 第5章 日本の新しいコーポレート・ガバナンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーポレート・ガバナンス : 日本企業再生への道
著作者等 田村 達也
書名ヨミ コーポレート ガバナンス : ニホン キギョウ サイセイ エノ ミチ
書名別名 Koporeto gabanansu
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.2
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4121016270
NCID BA55732205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20262516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想