見世物研究

朝倉無声 編纂

幻術、手品、軽業、南京あやつり、珍禽獣、蛇遣い、細工物…奔放な好奇心とエネルギーに満ち、猥雑でグロテスク、ケレンたっぷりでときに残虐でさえある見世物の数々に、江戸の人々は夢中になった。大都市の消費的・享楽的な文化風俗であったがために、のちに近代化とアカデミズムの確立のなかで研究の場から排除された見世物文化について、本書はその全体像を歴史的にとらえた総合研究書の嚆矢であり、ながく孤高の名著とされてきた。近年盛んになりつつある見世物・大衆芸能史研究の基礎資料としても注目される幻の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 伎術篇(幻術
  • 放下
  • 手品 ほか)
  • 天然奇物篇(珍禽獣
  • 禽獣の曲芸 ほか)
  • 細工篇(初期の上
  • 初期の下
  • 中期の上 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見世物研究
著作者等 朝倉 無声
書名ヨミ ミセモノ ケンキュウ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.2
ページ数 575p
大きさ 15cm
ISBN 4480086811
NCID BA55713878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20311206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想