脳は美をいかに感じるか : ピカソやモネが見た世界

セミール・ゼキ 著 ; 河内十郎 監訳 ; 垣添晴香, 河内薫 訳

セザンヌもモネも脳で「もの」を見ていた。ミケランジェロやフェルメールに魅了される理由もわかってきた…。美術作品を通して視覚脳の仕組みが解き明かされる美しく楽しい書。名画多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脳と美術の役割(本質的なものを求めて-脳からのアプローチ
  • 本質的なものを求めて-美術からのアプローチ
  • 「眼で見る」という神話 ほか)
  • 第2部 受容野の美術(受容野
  • モンドリアン、マレーヴィチと線の傾きの神経生理学
  • モンドリアン、ベン・ニコルソン、マレーヴィチと正方形や長方形の神経生理学 ほか)
  • 第3部 美術形式の神経科学的検証(顔の知覚不全と相貌失認の肖像画
  • 色彩視の生理学
  • フォーヴィストの脳 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳は美をいかに感じるか : ピカソやモネが見た世界
著作者等 Zeki, Semir
垣添 晴香
河内 十郎
河内 薫
ゼキ セミール
書名ヨミ ノウ ワ ビ オ イカニ カンジル カ : ピカソ ヤ モネ ガ ミタ セカイ
書名別名 Inner vision

No wa bi o ikani kanjiru ka
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.2
ページ数 443p
大きさ 20cm
ISBN 4532149606
NCID BA55707955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20248020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想