映画狂人シネマの煽動装置

蓮實重彦 著

映画を限定する「ファシズム」と、紋切型で受容する「頽廃」に対する大胆な闘争をくり広げる!装いも新たに待望の名著復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラットゥアーダを透して吸血鬼を垣間見ることの反時代的な興奮について
  • 黒沢現象がフィルム的感性を硬直化させぬためになさるべきことがらについて
  • 映画的記憶の抑圧が真に反動的なものとして機能する場合の危険について
  • ロバート・ベントンの新作が露呈させた映画的「知」と感性の頽廃について
  • 真に偉大なシネアストはいずれも潜在的な喜劇映画の監督である
  • 殺意の跳梁する映画館で殺人が演じられないことの映画的矛盾について
  • 『地獄の黙示録』をヴェトナム戦争の映画として語ることは野蛮なファシズムである
  • ベトコンがサーフィンやロシアン・ルーレットの名人であるか否かを問うことの映画的ファシズムについて
  • たやすく走りだそうとはしない映画がいきなり疾走しはじめることの感動について
  • 昨今の自堕落な大作の責任は、もはや角川春樹ではなく、映画作家の責任に帰すべきであること〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画狂人シネマの煽動装置
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ エイガ キョウジン シネマ ノ センドウ ソウチ
書名別名 Eiga kyojin shinema no sendo sochi
出版元 河出書房新社
刊行年月 2001.12
ページ数 296p
大きさ 19cm
ISBN 4309265197
NCID BA55699391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想