秦の始皇帝

吉川忠夫 著

初めて中国統一をなしとげ「始皇帝」を名乗った男は、以後二千年、連綿と続く中華帝国システムを築いた。郡県制施行による中央集権体制の確立。度量衡の統一と文字・貨幣の制定。さらには焚書坑儒として伝えられる思想・言論の統制と、万里の長城の修築…。兵馬俑に守られた広大な陵墓に葬られた稀代の英雄の生涯と真実を、中国古代史の泰斗が活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 奇貨居くべし-始皇帝は呂不韋の子か
  • 第2章 逐客令-秦国の発展
  • 第3章 統一への道-六国併合
  • 第4章 天下統一-皇帝の誕生
  • 第5章 咸陽-阿房宮と驪山陵
  • 第6章 天下巡遊-刻石と『雲夢秦簡』
  • 第7章 方士と儒生-封禅と焚書坑儒
  • 第8章 祖竜死す-秦帝国の崩壊
  • 終章 秦時の〓轢鑽-後世の始皇帝評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秦の始皇帝
著作者等 吉川 忠夫
書名ヨミ シン ノ シコウテイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.2
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4061595326
NCID BA55692574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20255856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想