国際金融入門

小川英治 著

なぜ、国と国の間でお金(資本)が移動するのか?国際金融を理解する上での基本から的確に説明。為替相場、国際通貨システムなどの背景にある考え方をていねいに解説。通貨統合のメリットや通貨危機発生のメカニズムなど最新のトピックも網羅。国際金融システムの安定にはどのような発想が必要かが理解できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際金融論とは
  • 1 国際資本移動のメカニズム
  • 2 為替相場の決定
  • 3 為替相場制度の仕組み
  • 4 通貨危機の構造
  • 5 国際通貨システムの捉え方
  • 6 通貨統合の論理
  • 7 国際金融システムのアーキテクチャー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際金融入門
著作者等 小川 英治
書名ヨミ コクサイ キンユウ ニュウモン
書名別名 Kokusai kin'yu nyumon
シリーズ名 経済学入門シリーズ
日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.2
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4532105382
NCID BA55631285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20240431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想