雪舟はどう語られてきたか

山下裕二 編・監修

フェノロサ、岡倉天心の賛美によって、「画聖」と奉られてきた雪舟。一方で、岡本太郎は、「雪舟は芸術ではない」と言い放った。大きく分かれる雪舟への評価…。さまざまに語り継がれてきた雪舟論のエッセンスを凝縮。オリジナル編集による待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わかりやすいもの-雪舟筆「山水長巻」(橋本治)
  • わかりにくいもの-雪舟筆「破墨山水図」(橋本治)
  • 「慧可断臂図」-絵の快感は「謂れ」を超越する(赤瀬川原平)
  • 雪舟の旅(水上勉)
  • 雪舟の宇宙・輪廻(丸木位里・俊)
  • 戦国時代(保田与重郎)
  • 雪舟-存在の本質との対決(吉村貞司)
  • 雪舟(矢代幸雄)
  • 雪舟(熊谷宣夫)
  • 雪舟展所感(寺田透)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雪舟はどう語られてきたか
著作者等 山下 裕二
書名ヨミ セッシュウ ワ ドウ カタラレテ キタ カ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2002.2
ページ数 429p
大きさ 16cm
ISBN 458276424X
NCID BA55620030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20259387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想