文明論としてのイスラーム

山内昌之 著

イスラーム史に外交はあるのか、日本人のイスラーム認識は-。好戦的なイメージと先入観で誤解されることの多いイスラームを、ナショナリズム、民族問題、民主主義、IT、ターリバンなどをテーマに、歪みのない視点でミクロかつマクロに捉え直す。13億人の民をもつイスラームの文明と歴史の理解を深め、21世紀の文明間の対話の本質を伝える格好の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文明論としてのイスラーム(イスラームに外交はあるのか
  • ターリバンの仏跡破壊-イスラームと偶像崇拝の禁止によせて
  • サイバー・アクティヴィズムの脅威と「IT犯罪」
  • アラブ系オスマン紳士の義理と人情
  • アルメニア問題の悲劇性 ほか)
  • 2 反テロリズムから新秩序の形成へ
  • 3 歴史の危機(でないもの、一度もなかったもの、決してないであろうもの
  • スキピオと川路聖謨-二一世紀の新しい外交とは
  • 君府考
  • 歴史家と文学者-『納得しなかった男』余滴
  • 二〇世紀開幕を告げた日露戦争-吉野作造と明石元二郎の見方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明論としてのイスラーム
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ ブンメイロン トシテノ イスラーム
書名別名 Bunmeiron toshiteno isuramu
シリーズ名 角川選書 332
出版元 角川書店
刊行年月 2002.2
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4047033324
NCID BA55574272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20253628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想