ソーシャルワークの実践の基礎理論

北島英治 ほか編

新しい社会福祉士養成カリキュラムにおいて最も重視されるソーシャルワーク実践の質を高めることを主眼に、基本的な理論やプロセスを事例やビネットを使い、丁寧に解説し、具体的に学べるよう工夫した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ソーシャルワークの構成と過程
  • 2章 ソーシャルワークの視点・目的・価値・倫理
  • 3章 ソーシャルワークの構成
  • 4章 ソーシャルワーカーの分野
  • 5章 ソーシャルワークの実践過程
  • 6章 ソーシャルワーク実践を支えるコミュニケーション理論
  • 7章 ソーシャルワーク実践における記録
  • 8章 ソーシャルワークの役割
  • 9章 ソーシャルワークの実践モデル
  • 10章 ソーシャルワーク実践基礎理論
  • 11章 ソーシャルワークの歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルワークの実践の基礎理論
著作者等 副田 あけみ
北島 英治
渡部 律子
高橋 重宏
書名ヨミ ソーシャル ワーク ノ ジッセン ノ キソ リロン
書名別名 Sosharu waku no jissen no kiso riron
シリーズ名 社会福祉援助技術論 上
社会福祉基礎シリーズ 上
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.2
ページ数 355p
大きさ 19cm
ISBN 4641055262
NCID BA55506454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20240302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想