「三島由紀夫」とはなにものだったのか

橋本治 著

「同性愛を書いた作家」ではなく、「書かなかった作家」。恋ではなく、「恋の不可能」にしか欲望を感じなかった人。-「虚」としての存在を生きた三島のロジックを、『豊饒の海』ほか諸作品の精緻な読みからスリリングに解析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『豊饒の海』論
  • 第2章 同性愛を書かない作家
  • 第3章 「女」という方法
  • 終章 「男」という彷徨
  • 補遺 三島劇のヒロイン達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「三島由紀夫」とはなにものだったのか
著作者等 橋本 治
書名ヨミ ミシマ ユキオ トワ ナニモノ ダッタノカ
書名別名 Mishima yukio towa nanimono dattanoka
出版元 新潮社
刊行年月 2002.1
ページ数 382p
大きさ 20cm
ISBN 4104061042
NCID BA55487644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20247387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想