日本

G.F.メイラン 著 ; 庄司三男 訳

「国家の政治はその国民の風俗習慣にきわめて大きな影響を及ぼす」という書き出しで始まる本書は、貴重書として邦訳が待たれていた。著者メイラン(1785‐1831)はバタヒィアで財務検査官を勤め、1826(文政9)年に出島のオランダ商館長になり、日本に関するこの素描記録をアムステルダムで出版した。その内容は政治・宗教・民族・言語・美術・技術・産業等の詳細な調査をして記述している。時代は1828年にシーボルト事件が起こり、オランダ貿易が心配されるなか、メイランは事件の解決に尽力し、日蘭関係の変化していく時期であった(1830年刊)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本国の政治について
  • 長崎の町について
  • 特に長崎の町の政治について
  • 特に小さな島、出島について
  • 長崎周辺の寺社と茶屋について
  • 国民階級の区分について
  • 主要な、そして特殊な日本の宗教について
  • 日本人の民族衣装について
  • 日本人の一般の、そして公の祝祭日について
  • 日本人の暦法および年代分割法について
  • 日本人の国語の話し方について
  • 日本人の美術・工芸と産業ならびに技術・学問について
  • 日本の十二の月の終りまでの間のいくつかの特殊な行事について
  • 日本人の生命の終りまでの間のいくつかの特殊行事について
  • 日本人の性格の調査

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本
著作者等 Meijlan, Germain Felix
Meylan, G. F.
庄司 三男
メイラン G.F.
書名ヨミ ニホン
書名別名 Japan

Nihon
シリーズ名 新異国叢書 第3輯 1
出版元 雄松堂
刊行年月 2002.1
ページ数 384, 10p
大きさ 23cm
ISBN 4841902937
NCID BA55469405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20243347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 オランダ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想