温泉教授の温泉ゼミナール

松田忠徳 著

日本人にとって水や空気のように身近であったからこそ、これまで触れられてこなかった温泉の真実を、日本唯一の温泉学教授が熱く解説。全国に続々と建てられる公共温泉は、果たして人々を癒すことができるのか?実情にそぐわない温泉法、分析書のからくり、循環湯の恐怖など、温泉をより楽しむための知識が満載。全国四三〇〇湯を制覇した著者ならではの、ホンモノの温泉の見分け方、楽しみ方も。温泉選びが一八〇度変わる本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 温泉の危機(レジオネラ菌
  • 石岡市の例 ほか)
  • 第2章 いま求められる温泉(心の湯あみ
  • アンケートに見る温泉への欲求 ほか)
  • 第3章 いま温泉地では(熱海再考
  • 熱海の復活はなるか ほか)
  • 第4章 温泉を極める(新湯治時代の到来-定宿の勧め
  • 生きている温泉を探せ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温泉教授の温泉ゼミナール
著作者等 松田 忠徳
書名ヨミ オンセン キョウジュ ノ オンセン ゼミナール
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2001.12
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 433403120X
NCID BA5546333X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想