神話・象徴・文学  2

篠田知和基 編

この本の情報

書名 神話・象徴・文学
著作者等 Durand, Gilbert
Brunel, Pierre
Lévi-Strauss, Claude
吉田 敦彦
篠田 知和基
書名ヨミ シンワ ショウチョウ ブンガク
書名別名 Mythes symboles litterature
巻冊次 2
出版元 楽浪書院
刊行年月 2002.9
ページ数 442, 142p
大きさ 22cm
ISSN 13461273
NCID BA55443343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<オホクニヌシ>神話考 神谷良法
<一般論>から<経験談>へ 東賢太郎
Comment expliquer le mal et le malheur Shimada, Yoshihito
Genèse des mythes Lévêque, Pierre
Le mythe wagnérien et la Légende du Roi vierge Hiroko, Nakajima
Le sujet poétique et sa voix Takagi, Yutaka
Les<Lointaines>égyptiennes,orientales et japonaises Claude, Traunecker
Note sur les versions americaines de l'histoire du lievre blanc d'Inaba Claude, Lévi-Strauss
Réponse à M.Lévi-Strauss Chiwaki, Shinoda
Sur l'imagier de Harlem Fujita, Shu
The perilous voyage and the hero's eventual return Kazuo, Matsumura
Un demon des croyances populaires:l'esprit-amant Claude, Lecouteux
Un récit de la voix,ou Gilles et Jeanne de Michel Tournier Hisashi, Mizuno
「巫女の予言」抄訳と略注 水野知昭
「日本古代の世界観」空間の日本文化論 篠田 知和基
「楽しみと日々」におけるスノビスム 星谷美恵子
『マハバーラタ』に見られるインド・ヨーロッパ神話の痕跡 沖田瑞穂
『七彩』と『ポリュークト』 重見晋也
サー・トマス・マロリーの『アーサー王の死』中の騎士たちの変遷とその意味 吉田瑞穂
ジゴマ!ジゴマ! 小林貞弘
ナサニエル・ホーソンの文学理論とその実践 山本雅
ニコラ・ド・ボンヌヴィルとマルチニスム 今野喜和人
メディアによる神話作用と脱神話作用 井上泰浩
図像象徴性研究のための予備的覚え書き 川田順造
国土平定神話と物部氏 村山直子
大岡昇平における「島」 篠田 知和基
島嶼陥没の伝承 山本節
放哉、春生の欲動論 野嵜理
文学の部
日本の洪水神話 篠田 知和基
欧文の部
波照間島のイタツキバラ 丸山顕徳
浦島伝説の逆転 アーヴィングと鴎外 坂田千鶴子
海からの鬼・魔物と大わらじ 目崎茂和
海辺の協力者たち 平藤喜久子
源氏物語の心因性疾患 林美朗
物ぐさ太郎と狐女房 中村禎里
王者の身体と樹木 長崎歌織
神話の部
象徴の部
跳躍する翁 橋本裕之
鬼神面の造形 広田律子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想